探偵のイメージと実情を知ると世界は変わる

サイトマップ

トップバナー

イメージと実情

指定された限界ラインが存在

探偵は、最近ドラマなどで放送されている一般的な人のイメージとして、儲かる!と思う人がたくさんいますが、 それは正しいのでしょうか?今も昔も、探偵調査ビジネスはとても金になるという宣伝を見かけます。 例を挙げれば、月収何百万円とか年収数千万円なのです。

単純に利益だけあげたいなら、少しの案件からどれだけ多くの請求をするかが問題になります。そうなると、高額請求をする悪質な料金トラブルが発生します。 さらに探偵の調査業務には、法律で指定された限界ラインがあります。 その中で探偵は調査を行い、結果と利益をあげなければいけません。

2つの行動をひとりが同時に追跡は困難

例を挙げれば、素行調査で他の2つの行動をひとりが同時に追跡はとても困難で、身元がばれるので危険です。 なのでひとりは東京でひとりは隣県の千葉の人を調査するとして、1名で2つの調査は不可能なので、 そういったことを踏まえた上でも、探偵調査業務は、原則的に考えたのち、専従した状態で1つの案件を、 指定された時間内で解決しなければいけません。

そのせいもあって、ひとりの調査員が頂く金額には、少し厳しいものがあるでしょう。更に収益を多く出したい時、 案件量を増加させるか、単価を跳ね上げるかのどれかを選ぶことが重要となってきます。 なので、案件量を最大限増加させることは可能となります。ですが、 広範囲の宣伝と競争力があるのでそれらを1番低く見積もらなければなりません。

探偵の利益

探偵道具イメージ

こういったことには、初期投資や資本力が、必要な材料となってきます。更に、探偵業に関係した広告はとても様々な ものがあり費用も掛かりるので、広告費が事務所を立ち上げた側の人間おしては、 とても大きな負担となるでしょう。なので、それに加えて働く人間を、調査の事を踏まえて、 多く雇用しなければならないので、資本としての財力がとても大切なものとなってくるのです。

単価を高くする手順についてです。こういったことは資本力がないので、人材力は必要ないです。 ですが、単価を挙げれば、他の事業者もいるので、競争力が劣化してしまう危険も伴います。 そして、調査力で機材の確保、スキルをのある人材の雇用、人材の育成、事務所の賃貸料や通信費用、 車両や税金といったものを踏まえると、利益を出すためには努力が必要です。

ポイントイラスト アパートは住人が少ないので住居者を覚えられる

なので、簡単に儲けられる訳ではないのです。銀行勤務、使命感と才能で探偵になった人が、探偵調査業を設立し、 こう話しています。「暮らすには、事欠かないけれど、収入で言えば、銀行時代の方がよかったな。 やりがいや達成感は今の方が感じられるけどね。」利益だけを目的として開業する考えをすべて否定はしませんが、 それが目的の探偵調査業務との親和性はよくはならないでしょう。ですので、しっかりと探偵 会社自体をまず調査する必要があるのです。人を調べるのに雇う探偵を調べるというのも変な感じがしますが、必要な作業なのです。 餅は餅屋という言葉の通り、素人がやるより、費用をかける分、自分は時間を節約し、確実に結果を得られるのです。

探偵の作業内容の基礎知識