探偵と法律はどのような関わりがあるのか

サイトマップ

トップバナー

探偵と法律

警察と異なりこれといった権限はない

探偵は警察と異なりこれといった権限はないのです。探偵の扱いは、一般の人と同様で、調査は個人的なものです。 どのような原因があったとしても法律を犯すことは許されないのです。 もしも何かの手違いで法律を破ってしまった場合、依頼した人ではなく探偵への罪が下されます。 2006年に探偵業の業務に関係した、法律が決められました。 決められた法律は探偵業に必要不可欠な規制を決めて、探偵業務を正しく行うためのものとなります。

だけどこういった法律が決まるまで、探偵に関係したトラブルは全く減りませんでした。犯罪に探偵が関係してしまったり、 暴力団との関係をもっている探偵事務所も多々ありました。ですが法律が決められたので、 探偵業はきちんとした職業として評価が上がってきているのも事実です。法律での探偵の仕事は、一般の人から依頼をもらい、 指定された人の所在や行動を調査していき、尾行、張り込み、 聞き込みといった方法により調査を進めていく仕事であることが認められました。

たくさんの法律と隣り合わせ

ですが報道機関の依頼をもらい、ニュースなどで放送されるものは探偵業務としては成り立ちません。 更に探偵から詐欺事件が増えていた時代があったので、 探偵は人の権利、利益などへの侵害を起こさないように仕事をこなさなければなりません。 そして、探偵業務の提出書類に関係すること、依頼者の契約書類に対して、 トラブルを防止するための書類に関係ことなどが決められています。

探偵の仕事は依頼の程度によってたくさんの法律と隣り合わせの状態あります。たくさんの依頼を解決するために、 法律家と手を組みきちんとした調査を行う探偵が日々増えています。

探偵と収入

電話をする男性

TVで世間の色々な職業の報道が注目を浴びていますが、 探偵の収入に、たくさんの人が注目しているようです。 探偵に調査を依頼すると高額な料金を支払うので、探偵は儲かる仕事であると感じる人がたくさんいます。 なので事実、探偵は儲かるのでしょうか。

探偵とまとめても、その大きさは色々です。小さい個人事務所から、 会社をたてて、全国に展開している事務所まで、色々な形がありますよね。 初任給はだいたい15万円から20万円と報告があります。でもこれは一般企業となんら変わりないです。 のちの収入はその人の能力と経営に寄りますが、収入を増やすために、独立を考える人も多いです。

ポイントイラスト 探偵の高額の料金は全てが収入ではない

探偵の収入は他の仕事と同様に売り上げで決定します。調査を依頼する人がたくさんいたら向上しますが、 依頼がなければ売り上げもないです。探偵の高額の料金は全てが収入ではないです。 探偵の調査は内容により人の力を借りなければなりません。そして諸経費、宣伝広告費もかかってきます。 そのようなものを引いていけば、残るものはそこまで多い訳ではないのです。

他の仕事と比較し収入が安定しないのも探偵の特徴です。依頼が全然ない時もあるでしょう。 実際に、経営が安定しない時が続き、廃業となってしまう場合もあるのです。 そして仕事内容は想像以上に過酷となっています。残業は当たり前で、勤務時間は依頼次第となります。 休日もプライベートの時間はあまりないのです。 収入や仕事内容は過酷で、憧れ、好奇 心のみで行える業務ではないです。自分にしかできないこと、探偵になぜなるのか、そのような目標がしっかりしてない人には 無理な職業です。

探偵の作業内容の基礎知識