探偵のいじめ調査について深く知りましょう

サイトマップ

トップバナー

探偵といじめ

子供のいじめ問題

子供の学校においてのいじめ問題はとても罪深いです。 今のいじめ問題は昔のいじめと異なり、悪質、陰湿、残酷、巧妙なものばかりです。 更に、子どもからいじめられてるから助けて!といわれることはないです、大体は先生、親、 友達にも話せずに1人で抱え込んでいるのです。更にその中では自殺を考える子どもも少なくないです。 可能性があふれる尊い命を、いじめにより亡くしてしまうかもしれません。

今は学校や行政といった場所でも、現状のいじめ問題の、把握や解決の実践、道徳教育の強化をし、 いじめの問題を減らしていく行動が取り組まれています。 たくさんの親は、我が子は平気と決めつけていますが、いじめにあった子どもの親の半数以上が事実を知るまではそう思いこんでいたそうです。

子供を守る上では必要なこと

とある、調査で、大体の子どもがなにかしらでいじめに関係していたという事実があります。 子どもをいじめから保護するには、親が毎日子どもを良くみて、心の傷を見つけてあげなければなりません。 近頃、衣服が汚れぎみ、学校でよく物がなくなる、渡したお小遣いが減っている、など 通常の様子と異なったことが見えたら、いじめのサインの可能性も否定できないでしょう。

探偵がする調査の種類の中にいじめ調査があるのです。プロの調査員の探偵が依頼者の子どもについて、 いじめ被害者なのか、またいじめの様子や実態、いじめているメンバーを明確にします。 迅速な解決が必要ないじめ問題は、探偵を通すのもとても子供を守る上では必要なことだと言えます。 親だけではどうしても守り切れない場合もあるのです。自分で守ってあげたい、という気持ちはわかりますが、 どうしようもなくなったらプロに頼むのが一番なのです。

探偵とストーカー

ストーカーイメージ

ストーカーが起こした事件がたびたびTVで報道されますが、ストーカー被害は今でもたくさんあります。 ストーカーの被害での依頼も探偵に多くあります。 ストーカーは、特定の人物に好意を感じ、待ち伏せ、つきまとう、などの行動をとることを言います。 ストーカーの行うことは、面会交際の要求、乱暴な言動、無言電話、汚物を送りつける、名誉を中傷する、 性的しゅう恥心の被害があります。

更に、ストーカーの被害者は女性のみではないのです。そしてケースによって児童を狙う未成年への行動もあります。 そして、ストーカーの行為は今まで殺人事件まで至ってしまったケースもあり、なにをするより早く解決しなければなりません。 更に、ストーカー行為の恐い所は顔を知っているものからの犯行です。付き合っていた相手への気持ちが蓄積され、 満たされない感情からの、ストーカー行為も多々報告されているのです。

ポイントイラスト ストーカー規制法
腕を組む女性

そして、平成12年にはストーカー規制法が、設けられました。この法律は行為に対した処罰や被害者へ援助が贈られます。 ストーカーの被害に終わりを告げさせる方法は色々です。刑事犯にして告訴を行う、第三者を通して話し合いを設ける といった、時には、ストーカー本人が行ったことを自覚させるために証拠が必要不可欠となるのです。 証拠があるならば、警察に届け出を出したうえで、犯人に通知することが可能となります。

そして探偵の調査は、ストーカーの行為を行ったことを証明する証拠を集めることが主な仕事です。 尾行、張り込み、盗撮を行うことにより、証拠となりえる時を形にして表します。 犯人が明確でない時には、犯人の身分を調査により、きちんとわかるようにしなければなりません。 探偵にもそれなりの危険がつきまといますので、当然その分の手当ても必要になり、料金も高くなります。

探偵の作業内容の基礎知識