少しでも気を抜く事が許されない張り込み

サイトマップ

トップバナー

探偵の調査の基本である張り込み

張り込みは1番時間がかかる

探偵の調査の手順の1つに張り込みという方法があります。張り込みは人の動き、 現場に出現した瞬間を撮るために、同様の場所でじっと耐えなければなりません。 探偵の調査にはさまざまなものがありますが、張り込みは1番時間がかかります。 張り込みが必要なときは依頼されたものには、数多くのものがあります。

浮気調査で対象者との密会現場を撮りたい、一人暮らしの相手の家に出入りがあるかないか知りたい、 営業で外回りを行う社員の行動の調査などです。尾行をした相手が店舗や喫茶店に入ってしまった際にも、 探偵は張り込みした状態で物陰に隠れたりして、じっと待っていなければなりません。 探偵物のドラマや映画で張り込みのシーンを目にしますが、現実の張り込みはあれほど魅力的じゃないのです。

張り込みに徹底したことを行うこと

相手の行動がない状態であればその間待ちぼうけを受けます。1人で張り込む時にはお手洗いにも行けないのです。 長い時間の張り込みで気を抜いてしまった時に、相手が現われて、見逃してはなりませんし、少しでも気を抜くことは許されません。 張り込みは周りの人に不審に思われないように心がけた変装と行動が必要となります。

不審者とし警察に通報されたら調査では、ないでしょう。 更に探偵は姿を変えて、張り込みに徹底したことを行うことがあります 例をあげるならば、大通りで目についてしまう交通量調査も座っているのは 実は探偵である可能性は高いです。更に同様の場所に長い時間張り込む場合、人と待ち合わせているかのように、 携帯や時計などの時間がわかるものを何度もみているそぶりを周りに見せるでしょう。

探偵と尾行術

探偵と言えば無くてはならない技術の1つは尾行でしょう。尾行は相手にばれないようにしなければならず、 探偵のさまざまな調査に役だっています。更に情報収集の技術、指定された人の動きを調査する時に使います。 近年治安が悪くなったのか、浮気調査の依頼としても尾行術がとても重要になっています。 主役が刑事の番組では尾行しているのをよく目にしますよね。見た目は簡単ですが、実践ではそうじゃないです。
探偵がする尾行は絶対に失敗してはなりません。指定された人物を見失ったり、尾行がばれてしまってはなりません。 尾行は指定された人の動きを良く見て、ポイントと証拠写真となるものをすかさず撮影しなければなりません。 足音や撮影の音でばれてしまわないように、最善の注意を払わなければなりません。 現場での尾行は指定された人の動きを考えタクシーや車両を使う場合もあるのです。

ポイントイラスト 車両の尾行は難しい
車イメージ

車両の尾行がより難しいものだと言われています。そして顔を知られないように2人以上の尾行が一般的ですが、 ケースによりチームを設立して尾行したりもします。更に、見通しが良い所は距離を確保し、 混んだ所は近づいて尾行を行います。尾行は目につかないようにその場に適応した服装や、 撮影機材を少し違ったものに変更したりしなければなりません。指定された人が突然いきさきを変えたり、 予期せぬ出来事もおこりえるのです。

なので探偵はどのようなことが起きても瞬時に対応可能な技術を身につけなければなりません。 ただ尾行術とは言いますが、いろいろな力を鍛えなければなりません。訓練を重ねていない素人に 尾行を依頼するのはとても困難なことだと言えます。探偵の尾行は訓練と実践を行った素晴らしいものです。 警察のOBが勤めているところもたくさんありますので、操作能力はある意味で警察以上だったりします。 昔のイメージで悪い印象をもっている人も多いかもしれませんが、現在の探偵はほとんどが信頼のおける人た ちなのです。特に探偵のグループなどに所属している会社であれば、安心してよいといえます。グループの場合は 大元の会社の信用度を見るだけで大丈夫だと言えるでしょう。

探偵の作業内容の基礎知識