技術を要する撮影術を知ってみましょう!

サイトマップ

トップバナー

撮影術

調査で撮影はとても大切

探偵の調査で撮影はとても大切です。依頼者の報告書や証拠確保、時によって裁判資料でも、証拠写真は大切でしょう。証拠写真は発見されず撮影することが大切です。なので探偵として撮影術をきちんと覚えておかなければなりません。 最初に探偵の調査では超小型カメラが需要が高いですが、通常デジタルカメラ、コンパクトカメラとしても使用されます。

絶対フラッシュ機能は停止が義務です。今はビデオカメラの利用も増加しています。その時ピンホールカメラといったものを相手に気づかれないように鞄 などに仕組みます。そして携帯電話の写真機能も性能が最近は進化していったので、探偵の道具として使えるでしょう。 対象者に接近できない探偵のカメラは望遠機能がきちんとしていることが大切です。このようにどんな対象者でも、それに対応してしっかりと撮影が できるように道具をそろえておく必要があります。どんな緊急事態にもすばやく対応できるものが必要なのです。

確実に対象者の撮影を行う技術が必要

探偵は撮影していることが周囲にばれないよう、ファインダーを覗かず、 確実に対象者を撮影を行う技術が必要となります。デジタルカメラのでも同じです。それには少し訓練を重ね、勘のトレーニングが大切です。証拠写真は人物と一緒に写る背景も大切です。いつ、どの場所かが明確なものが良いでしょう。

そして街並みや建物の名前が一緒にあったり、駅名や時計が背景にあれば証拠写真としての信頼性がアップします。 更に周りに気を配り、相手の次の行動を予測し、対象者にばれないように、正確な証拠写真を撮らなければなりません探偵特有の撮影方法でしょう。

探偵と記憶術

探偵にとても必要なものの1つが記憶力。調査となれば依頼をもらった写真で特定された人物のの顔を記憶し 尾行しなければなりません。そして聞き込みや潜入調査となれば、相手の会話を記憶しのち書かなければななりません。 車のナンバー、地理を一度に記憶する時もあるのです。 こういったように記憶術は探偵のどのような調査でも対応可能な技術となります。

記憶術は訓練で上達していくでしょう。探偵学校は車のナンバープレートを順番に見せ 見せて数字を記憶する授業、人の特徴を一瞬で記憶する訓練、さまざまなやり方で記憶術のトレーニングを行います。 記憶術は同じように観察力が必要となります。人物の顔や風貌を記憶するというのは、瞬間的に察し記憶力です。 人の顔を記憶するには、人の特徴を思いだすと記憶できます。

ポイントイラスト さまざまな場面を訓練の場にする
人の多い場所を歩く

似顔で特に、強い印象を受ける部位から想像を膨らませます。似ている知人や芸能人、動物に重ねて合わせて記憶するのもいいでしょう。そして写真の顔を一度で、少しして他事をしてから再度確認、このようなことを繰り確認せずとも顔を思いだせるでしょう。長時間見続るよりも効果的に顔の記憶が可能となります。

記憶力をあげるためには、日常生活のさまざまな場面を訓練の場としなければなりません。 行ったところ、目に映るもの全部に対して記憶する訓練を心がけたら、絶対に記憶力はアップし、 探偵での調査などにも効果的でしょう。このように仕事上で必要な能力を仕事以外の場所でも訓練し、 仕事に活かしていく必要があるのも探偵の仕事の一つでもあるのです。そう考えると24時間が仕事の職と言えます。 それだけの覚悟がないとできない仕事なので、ドラマのようにはいきません。また身体資本であり、身体的にも ダメージを受ける覚悟も必要です。

探偵の作業内容の基礎知識