探偵と道具は切り離せないコンビ

サイトマップ

トップバナー

探偵と道具

持参しているものがある

探偵はどういった調査であっても、持参しているものがあります。 ですが、探偵によりけり調査方法が違えば使用する道具も違ってくるのですが、 今はたくさんの探偵が共通して持参している道具を書いていきます。 最初は、証拠写真を記録するカメラ。依頼者の報告書、裁判資料に証拠写真は物的証拠です。

探偵が使用するカメラはピントが合いやすいものを使用します。今はビデオカメラの使用が多く、 その時はピンホールレンズを使った隠しカメラが、とても便利となるでしょう。 そして録音機。相手の会話を録音するのにも便利で、自分の声をメモ代わりに録音する際に必要です。 メモ代わりに、小型のボイスレコーダーが使用されていましたが、今は録音機能が携帯で代用可能です。

変装グッズもいつもカバンに

携帯なら録音しても通話中に見えるので、誰にも探偵であるとばれないでしょう。 携帯電話、トランシーバーといった通信機器も必携道具となります。チーム成で調査の時には必需品です。 尾行、張り込みは費用が必要なのでお金もいります。お金の使い道の全般は交通費、食事代でしょう。 指定された相手が突然タクシーや新幹線での移動をしても尾行できるように、いつも多めの費用を用意します。

変装グッズもいつもカバンで持ち歩いています。鞄になおせる帽子や眼鏡、上着といった一般的なな変装グッズの他、コンビニでの買い物袋は所持していたら生活感を出せるのでとても、有効なグッズとなるでしょう。折たたみ傘もいきなりの雨を防げるのみじゃなく、もしもの時に、護身道具にも適応するので便利でしょう。

探偵と護身

知らないそぶりの人

探偵の仕事は絶対に危険な仕事という訳じゃないですが、もしもを予測し、護身を頭に入れなければなりません。 尾行、潜入調査であっても、危ない所に行かなければ良いですが、予想が出来ない探偵の調査であったら、 度の場所で危険があるのか全く不明です。尾行が相手に気づかれ、相手に怒られることもあります。 もしも危険を感じたら闘争も、護身の極意です。TVドラマの探偵みたいに戦闘の必要はないです。
探偵といった身分を秘密にし、シラを切ります。空想の物語を作成し言い訳を考えておきましょう。 更に、とことん謝罪すれば、相手の気がおさまるケースが多いようです。 実践で活用する場面はあまりないですが、剣道や空手など武術を習っている探偵も増加しました。 探偵学校の中でも武道に力を入れている場所もあります。

ポイントイラスト その場から逃げれれば問題ない

全く予測がつかないのが、探偵の調査となるので、なにかしら護身術を覚えておかなければなりません。 探偵、更に女性探偵の多数は、連れ去られそうになったり、襲われそうになった際の護身術として、 護身グッズを持参しています。さまざまな護身グッズありますが、多いのは小型の催眠スプレーでしょう。 スプレーをかけた瞬間に、相手がひるんだのを確認し、逃走します。

更に防犯ブザーもとても多くの探偵が使っています。大きな音が出れば、大体の相手は周囲を気にし逃げるでしょう。 どういった時でも護身グッズは体を守るためのもので、その場から逃げれ れば問題ないのです。テレビとは違い、本物の探偵も自分の安全を第一に考えているのです。 犯罪に巻き込まれたり、ヘタするとつかまってしまう危険もある、非常に大変な職業なのがよくわかると思います。 特に犯罪に巻き込まれてしまっては、警察ではなく権力もないので、どうにもならないのです。

探偵の作業内容の基礎知識