誰もが見たことのある探偵が主人公の作品を知ってみましょう

サイトマップ

トップバナー

探偵が主人公の作品

フィクションで設定するには書きやすい

探偵は映画、小説などの世界では、よく目にする設定のキャラクターでしょう。 今まで探偵を主人公に設定したものがたくさんの作家により世に送り出されました。事件の真相を明らかにするために明確にする探偵の職業は、フィクションで設定するには書きやすいのでしょう。探偵が主人公である作品で良く知られているものに、シャーロックホームズが有名だと言えるでしょう。

シャーロックホームズは19世紀、イギリスで世に出されたものですが、今も各地でとても注目を浴びています。空想のキャラクターであるのに、シャーロックホームズに愛好家や研究家も現在も多くいて、 のちに世に送り出された探偵作品の作者たちにはお手本と行っても過言ではないでしょう。 シャーロックホームズはとても優れた観察力、推理を技術に儲け私立探偵で、相棒と一緒に多くの事件の紐をときます。

非現実世界の特権

クールで落ち着いたシャーロックのキャラクターと、目を通してしまったら目を奪われるストーリーが大勢を虜にし、 今までに幾たびも上映されています。たくさん上映されたキャラクターとも称されています。 今の作品の中では、名探偵コナンが有名でしょう。ある組織により幼い子供のようになってしまった高校生探偵コナンが、 身の回りで起こってしまった事件の紐を解く物語です。

登場するキャラクターがたくさんいて、ストーリーでは恋愛もあり、大人もお子さんにもとても人気の作品です。原作は漫画誌の連載からスタートした名探偵コナンだったのですが、現在TVアニメ、映画といった面でも高い評価です。実在する探偵は、見た目、仕事内容も地味で影の仕事と感じますが、作品上の探偵は、大体のキャラクターが素敵に描かれているので、それは非現実世界の特権かもしれませんね。

探偵の歴史

では、探偵は、どういった歴史があるのでしょう。 探偵事務所が立てられたのは、商業や産業が栄えた19世紀後半の事だと言われています。 前から、生活が栄えておらず広くなかった時代では近所同士の会話で満足していましたが、 人の生活が栄えてくると、ひとりでの情報収集が困難になりました。 世界で最初の探偵社は1833年にフランスのフランソワビドッグが立てた事務所が最初だと言われています。
フランソワビドッグはフランスの兵士なのですが、犯罪者だったそうで、 出獄のちに警察のスパイなどで情報入手を行い人々からとても大切にされていたようです。 のちに、1852年にはアメリカ、探偵社ピンカートンが立てられました。 ピンカートンは今となっても警備会社と形を変えて残るとても知られている探偵社です。 ピンカートンは今のような探偵じゃなく、ボディーガードやガードマンと行った警護の依頼を受けていました。

ポイントイラスト 日本の探偵業界は更によりよい方向へ
何かを探す男性

日本での探偵の歴史は、1885年を最初に探偵社が立てられました。 のちに、1889年に日本での探偵事務所はとても有名な岩井三郎探偵事務所が設立されました。 岩井三郎探偵事務所はシーメンス事件を調べたこと、ほかの有名探偵がいたことでも有名ですね。 ですが探偵の印象は詐欺や恐喝事件が頻繁に起こるトラブルの多い職業だと思われていました。

そのせいなのか今となっても探偵に恐怖を感じる人もいるようです。 ですが今は、法律がより良いものとなったので、訓練を蓄積した優秀な探偵が多く増えたのも事実です。 こういった歴史を乗越えた上で、日本の探偵業界は現在、更によりよい方向へ向かっているといえるでしょう。 昔は悪徳探偵が多かった時代もありますが、今では健全な探偵の方が多いので、安心して依頼することが 可能になってきました。それでも悪徳もいますので、協会などに加盟しているところが安心ではあります。

探偵の作業内容の基礎知識