成長を遂げている女性探偵をもっと知ろう

サイトマップ

トップバナー

探偵と女性

聞き込みなどは女性探偵がメイン

探偵のイメージは男性の職業という印象を受ける人が多いかと思います。昔からある探偵物の小説やドラマでも、 探偵役のキャラクターなどは男性がメインです。ですが、今は女性の探偵も多くいます。 探偵の調査では男性が役に立つ調査もあったり、女性が役に立つ調査もあるのです。 例をあげれば聞き込みなどは女性探偵がメインで行う調査でしょう。実際会話力は男性より女性があるようです。

指定された人物の周りの人にどことなく聞き込みを行う時でも、通りすがった中年主婦を変装すれば、 世間話の流れで上手に本題へ移すことが可能となるでしょう。警戒心が多い男性の場合でも同じで、 若い女性探偵が話し相手となればすんなり調査が進むでしょう。女性を尾行する時も女性が役に立ちます。 女性専用車両や女性が多い場合、トイレなど、女性が調査するには適した場所が多くあるのです。

女性探偵が力を発揮できるのは潜入調査

女性探偵が更に力を出し切れるのは潜入した調査だと言えます。 調査で情報を収集するにあたって、他人とうまく話し、そこに居る誰とでも話せる対話力が必要です。 水商売店での潜入のため、少しの期間スタッフになることもあります。 更に、浮気調査で家庭教師やハウスキーパーに変装して、家庭問題の解決の調査もあるのです。

そういった時にも女性であればきっかけが出来、潜入が可能となるのです。女性探偵の能力は、 男性よりも調査の成功率がとても良い評価を受けています。 近年増加している浮気調査など、家庭問題に悩んでいる女性は、女性同士の方が話やすいでしょう。 同様の女性の立ち位置で調査を行う女性は、これからもどんどんと成長を遂げるでしょう。 そうなると、同じ探偵でも専門分野が変わってくることが考えられます。より適した分野で 女性ならではの力が発揮できるようになるでしょう。

アメリカの探偵

探偵として有名なのはイギリスのシャーロックホームズ、アメリカのピンカートン探偵社が知られていますが、 海外で育成された探偵は、現在は日本でも幅広く認められています。 ですが海外に比較されれば全然、社会的地位はそこまでないのが実態です。 なので海外の探偵は日本の探偵とどのような異なる点があるのでしょうか。今からアメリカの探偵を紹介します。
日本と社会環境が異なるアメリカは、探偵の職業に対する意識が1から10まで違います。 最初にアメリカの探偵はライセンス制であることです。日本の探偵には資格や免許がいらないので、 あなたでも簡単に探偵となれますが、ライセンス制度が充実しているアメリカでは、 ライセンスを取得したのちに探偵になれるのです。

パイプを加えた男性

探偵のライセンスは公的な資格となっています。取得方法は州や地域により違って来るのですが、 最初にライセンス取得をするための試験です。市民によって推薦と保証が必要です。 そして前科の有無、年齢制限、実務経験といった厳しい審査が行われ、これらをクリアしてやっと ライセンス取得の試験がうけれます。

試験は筆記試験、面接から始まり、合格したら、やっと探偵と名をあげることが可能となります。 日本の探偵は専門分野がないのでとても多くの依頼を引き受けることが可能となりますが、 アメリカで犯罪捜査専門の探偵や人探し専門の探偵といった専門分野で区別され、その中で権限がされています。 例をあげれば犯罪捜査専門の探偵ライセンスがあれば、警察情報の一部を手に入れれます。 なので、アメリカの探偵は情報的にもとても優れた調査が可能なのです。しかし日本の探偵はそうはいきませんので、アマリカ映画を想像して 日本の探偵に同じ結果を求めるのはお門違いなのです。本当は違うと思っていても、それに期待している人が多いのも事実です。

探偵の作業内容の基礎知識