いざというときに役立つ探偵と調査依頼の流れ

サイトマップ

トップバナー

探偵と調査依頼の流れ

依頼者側も調査依頼の流れに理解を

探偵に調査を頼んだ経験がない人はどういったように話を進めるのか、、解決するまではどのような流れか 経験がないため、無知の状態の人が多いと思います 法律が決められて探偵業界は前に比べたら、とてもいい方向に進んでいますが、 今でも悪徳探偵はいるのです。依頼者側も調査依頼の流れを知らなければなりません。

最初に、探偵へ依頼をしなければなりません。現在はメール、電話での依頼が可能となっています。 依頼受付の際、探偵から相談内容に対し、質問などがあると思います。 数ある探偵事務所はサービスで相談をしているので、何個かの探偵事務所で比べてみるのが良いかもしれません。 そして、調査の手順と、説明と見積もりにかかる費用を明確に提出してもらいます。

入金が確認できて調査が始まる

この時の内容に、納得がいき、依頼をするなら、ここから契約を交渉します。 前は契約は口で可能でしたが、今は絶対に書面により契約をしなければなりません。 契約書のスミズミまで、きちんと読まなくてはだめですよ。 数ある探偵事務所の中には調査が成功か否に関係せずに、必要な着手金を請求してきます。 そういった時は入金が確認できた場合、調査が始まるのです。

調査の最中、探偵の方から報告や質問が行われます。依頼者も心配な所は思った時にすぐ聞いてください。 調査結果が明確になった場合、報告書を頂き、報酬を払ってください。 探偵事務所によりアフターケアも取り入れて、依頼者の話を聞くサービスがある事務所もあります。 調査依頼の流れは探偵事務所により違ってきますが、大体の事務所がこの流れであっているはずです。

探偵と料金

電話をする女性

そして、探偵に調査をお願いした経験がない人は、探偵という職業を耳にしただけで高額請求という印象があるでしょう。 なので、今の探偵の調査ではどれほどの請求が来るのでしょう。 請求額は探偵事務所により、更に調査内容により違って来るでしょう。料金設定の定義となるものが明確ではないですが、 近年、ネットがさかえ、探偵事務所の情報がとても広く出たので、昔と比較すると平均化されているのかもしれません。

ポイントイラスト 着手金と成功報酬制を提示する事務所もある

ですが、その中、とても安いというキャッチフレーズで依頼を受ける探偵事務所もあるのです。 料金の中には車両費や機材費、交通費、人件費、報告書作成費といったものが入っています。 目安とするならば尾行調査の時、一日8時間の調査により最低15万円、車両を使う時は更に上乗せされます。 行方調査となれば着手金と成功報酬制を提示する事務所もあるのです。

ビジネスウーマン

今は探偵事務所により追加料金が存在しない料金プラン、理解のしやすい料金設定を相談時に出してくれる場所もあります。 前増加したの探偵は大体の料金提示しかなく、契約書を書こうとしない事務所もありました。 そのせいか調査が終了した後で約束した以上の請求が提示されるケースも多々あったようです。 料金がリーズナブルな探偵が良い探偵ではないでしょうが、逆に料金が高額なので調査技術が高いとは言えません。

調査の依頼者は、料金はどれほど提示されても構わない、という方も増加傾向にあります。 問題をストレスや、日常の苦に感じている人にとって、探偵が期待通りの調査をしてくれるのであらば、 どれほどの金額がかかってしまっても後悔はないのでしょう。ただ、自分の満足度合に見合った探偵を選ぶことも重要に なってきます。大金を払っても満足できる内容であればよいですが、金額分の満足度が得られないのであれば、意味 がないですよね。必ずしも自分が納得できる内容であるとは限りませんが、どの程度調べてもらえるかの予想は立ててもらいましょう。

探偵の作業内容の基礎知識